TOPICS

保育進学コースの体験学習「聖バルナバ病院思春期教室」

2017年6月2日

保育に関わる者として,生命の尊厳とは

  保育進学コース2年生が「聖バルナバ病院思春期教室」に参加しました。新生児の見学,妊婦疑似体験など助産師の方の講義とともに,将来,幼稚園教諭・保育士・保育施設に勤務する保育従事者として,生命の尊厳や保育に関わる留意点などを学びました。

  貴重な体験,お話が聞けて,生徒たちには印象深い一日となりました。

 

◆ 妊娠・出産・育児,健全な母性の育児についての講義

  聖バルナバ病院のこと,妊婦のこと,育児のことを助産師さんから講義して頂きました。大変な仕事ですが,その大切さを改めて知ることが出来ました。

IMG_3710 IMG_3711

◆ 妊婦疑似体験,新生児人形の抱っこ体験

  妊婦の大変さを,身を以て体験しました。「母親への感謝」を改めて感じた生徒も多かったようです。

IMG_3740 IMG_3739

 

 

夢を育てる学校で待ってるよ!

関西福祉科学大学高等学校

〒582-0026 大阪府柏原市旭ヶ丘3丁目11番1号 TEL:072-976-1112(代)

COPYRIGHT (C) 2014 TAMATEYAMA GAKUEN All Rights Reserved.