関西福祉科学大学高等学校

保育に目覚めて 責任感と
やりがいをプラス
責任感と
やりがいをプラス

人の役に立ちたいという漠然とした思いと子どもが好きなこともあり、保育士をめざしてみようと入学しました。幼稚園実習が始まり右往左往する私を先生が園児一人ひとりの様子を観察することが大事だと教えて下さいました。そのことをきっかけに紙芝居を制作披露したところ、園児達がすごく喜んでくれました。その時、漠然とした思いは決心に変わりました。これからも将来保育士として、信用を得られるよう人間的に成長したいです。