関西福祉科学大学高等学校

特色授業で広い視野と教養を高め、人間力を育みます。

資格取得やクラブ活動など、一人ひとりがやりたいことに打ち込めます。

大学や短大への進学、就職など、さまざまな進路を実現します。

進学先

  • ■ 関西福祉科学大学
  • ■ 明治大学
  • ■ 龍谷大学
  • ■ 追手門学院大学
  • ■ 関西外国語大学
  • ■ 関西女子短期大学
  • ■ 近畿大学
  • ■ 摂南大学
  • ■ 桃山学院大学
  • ■ 大阪歯科大学 他
  • ■ 関西福祉科学大学
  • ■ 明治大学
  • ■ 龍谷大学
  • ■ 追手門学院大学
  • ■ 関西外国語大学
  • ■ 関西女子短期大学
  • ■ 近畿大学
  • ■ 摂南大学
  • ■ 桃山学院大学
  • ■ 大阪歯科大学 他

※過去3年間分


カリキュラム

2年進級時に文系・理系を選択。それぞれの希望にかなうカリキュラムで学習することにより、
進路決定に近づけます。

PICK-UP

人間力向上を目標に
人として大切な力を養う

社会では学力や知識に加え、人とかかわる力が求められています。
進学コースの総合的な探究の時間では参加型授業を展開。
その1つとして修学旅行についてのグループ討議や発表を通じて、コミュニケーション力やプレゼンテーション力など総合的な人間力の向上を図ります。

検定合格をバックアップ

漢検全員受検

新しい大学入試制度では、検定取得の重要度が高まっています。
漢検・英検を中心に、各種検定の受検を積極的に奨励し、特に漢検合格にむけて、個別学習だけでなく朝のSHRを使った漢検対策を実施しています。

■実用英語技能検定(英検)
■日本漢字能力検定(漢検)
■実用数学技能検定  

■ビジネス文書検定
■日本語検定

基礎力を育む
授業を展開

授業では学習の要となる基礎を大切にしています。
各学年のはじめにスタディーサポートを実施し今の自分のことを知ることで、意欲・関心を高める授業を行います。
放課後にはいつも教員がスタンバイし、疑問点があればすぐ質問をして解決することが出来ます。

COURSE TOPICS

最新機器を使ったICT授業で基礎力を磨く
従来の「黒板を写す」「話を聞く」という一方通行の授業から、「見る」「感じる」という要素を増やした授業に取り組んでいます。
全教室にICT機器を設置。従来の教材にプラス、動画やわかりやすい画像などを積極的に取り入れ、学習意欲をさらに高めます。


クラブ活動や地域ボランティアに積極的な参加を奨励
部活動に取り組んでいる生徒は多く、また美化ボランティア(地域の清掃活動)に参加したり、地域の子どもたちを招いてのスポーツ教室や柏原市青少年講座の補助などを身近に体験できる環境が整っています。


キャリアプランを設計し自分自身の将来を考える
自分の将来設計をどのようにしていくのかを総合的な探究の時間を中心に学んでいきます。
さまざまな体験学習、各業界のプロによる講話、テーマ別討論会などを繰り返して、自分自身で適性を見極めていきます。

問題解決能力UP 総合的な探究の時間で人間力育成

関西福祉科学大学 保健医療学部 理学療法学専攻

サッカー部の活動で併設大学の保健医療学部の学生さんからトレーニングのサポートなどを受け、理学療法士に興味を持ちました。併設大学への優先入学制度は自分の夢を実現するための大きなプラスになりました。

髙尾 雄紀(香芝市立香芝中学校出身)

関西女子短期大学 歯科衛生学科

歯科衛生士に憧れ、併設短大の進学をめざしました。在学中に学生さんによる歯科疾患予防プログラムなどを受け、短大の学びを身近に感じたことで進学したいという気持ちがプラスされました。

藤原 未奈(河南町立中学校出身)

藍野大学短期大学部 第二看護学科

強化クラブ生として学校の模範となるよう勉強と部活動の両方に励みました。悩んでいるときに常に支えとなってくれた先生の言葉をプラスして志望校合格を勝ち取りました。将来は母のような看護師になりたいと思っています。

小田 弥命(八尾市立上之島中学校出身)

西日本旅客鉄道会社(JR西日本)

大勢の人との繋がりの中で仕事をする今、部活動で学んだ目上の人との接し方や諸外国の方に通用する英語スキルなど、職場での基礎基本は高校生活でプラスされたものと感じています。

池田 智哉(松原市立松原第二中学校出身)